ゴルフ情報

  1. いつもの癖がテクニカルエリアだけでなくゴルフコースでも

    Embed from Getty Images トミーフリートウッド選手の打つ姿を見るのは、マンチェスターシティのグアルディオラ監督。普段テクニカルエリアに立っているのと雰囲気が一緒。

  2. ベタ脚とフェース返し加速の組み合わせ

    Embed from Getty Images 下半身の横回転をおさえ気味にしてヘッドを走らせるのが、少し前まではやっていた気がしますが、画像は2012年のマキロイ。

  3. 飛んで曲がらない両立

    Embed from Getty Images 飛距離方向性の両立という意味では、さらには最小のエネルギーで最大のパフォーマンスという意味でも、現在最強かもしれません。

  4. 6月21日

    ...

  5. あのTPCソーグラスで

    ウェブシンプソン選手の2日間で15アンダーは記録的な数値。それを裏付けるフェアウェイキープ率78パーセント。パーオン率86パーセントは難コースも精度の高いショットで克服していく展開ですね。

  6. ロボット清掃が横浜にある

    相鉄・二俣川駅に自動清掃ロボ “車体色”はヨコハマネイビーブルー 横浜市在住とはいえ二俣川駅はなかなか利用しないのですが、ロボットは見てみたい。練習場とかでもロボットがボール回収してるところもありますね。

  7. 男子ツアーのパーオン率も

     男子ツアーのパーオン率も見てみました。5月10日現在だとやはり、外国勢が上位を占めている感はあります。

  8. 最近はロードバイクに乗ってる人も増えてきました

    ジロ・デ・イタリアを2020年に東京で 伊大使、小池都知事に提案  ロードバイクに乗っている人も増えてますし、盛り上がると思います。何より、カーボン製品に関しては日本製は世界中で支持されているわけですから。

  9. やはり、上級者にとってパーオン率は重要

    こちらの記事でもやはり超一流選手ですらパーオン率が低下するとゴルフの質を落としてしまうことが書かれていました。やはり、一定水準のスイングが身についてきたらまずはボギーオンその先にはパーオンと確実にグリーンオンしていくのがじゅうようですね。

今月のおすすめ記事

  1. ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。

おすすめ情報

  1. 2017.8.7

    松山ブリジストンインビテーショナル制覇

    ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 2017.6.3

    スポーツラボカップ6月22日

    慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。
ページ上部へ戻る