ブログ

  1. ハンドファーストインパクト

    Embed from Getty Images 足元のバランスが前側にずれないのがポイント...

  2. プロとしてあるべき姿

    片山晋呉の態度にプロアマ戦招待客激怒…ポケットに手入れ会話、グリーンで自分の練習優先 一ついえることは、あんまり上手くない人が素行が悪くて批判されてるのでなく、とんでもなく上手い人が素行に問題ありと批判されているということ、上手ならそれで言いという訳ではない時代なのでしょうか。

  3. すべてのジャンルはマニアがつぶす

    Embed from Getty Images 三浦のアイアンをメキシコ人の若手プロが使っている現実。しかし、日本で20代の若者がゴルフを始めるにあたって三浦のアイアンを中古で購入したら、今回話題にするゴルフマニア層はどう考えるだろうか・・・まちがいなく良い言い方はしないのだ。

  4. 迷いがないことの強さ

    https://www.youtube.com/watch?v=7N11Y0Rd_o4 ブライソンデジャンボー選手がメモリアルで優勝しました。アイアンはすべて6番アイアンの長さ、僕も含めて、ここまで勝利を重ねると思っていた人は少ないはず。

  5. セルティックス、またしても力尽きた

    http://www.nba.co.jp/nba/nba-playoffs-2018-ecf-cle-bos-game7/1oft5xfacq1wk18yznzd5m3eal 応援しているボストンセルティックス、またしてもプレーオフで負けてしまった。

  6. 増え続けるパター練習器

    要するに、10フィート以内をどれだけカップインするか、それがパターの極意みたいです。つまりは3メートル以内をどれだけ決めることができるとかということ。とはいえ、色々な練習器具を使って見たいですよね。

  7. 驚異的なフルーム

    https://www.cyclowired.jp/news/node/265532 グランツールの第19ステージという最終盤で驚異的な独走を見せたフルーム 選手。事実は小説よりも奇なりという言葉が似合うレースでした。

  8. いつもの癖がテクニカルエリアだけでなくゴルフコースでも

    Embed from Getty Images トミーフリートウッド選手の打つ姿を見るのは、マンチェスターシティのグアルディオラ監督。普段テクニカルエリアに立っているのと雰囲気が一緒。

  9. ベタ脚とフェース返し加速の組み合わせ

    Embed from Getty Images 下半身の横回転をおさえ気味にしてヘッドを走らせるのが、少し前まではやっていた気がしますが、画像は2012年のマキロイ。

今月のおすすめ記事

  1. ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。

おすすめ情報

  1. 2017.8.7

    松山ブリジストンインビテーショナル制覇

    ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 2017.6.3

    スポーツラボカップ6月22日

    慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。
ページ上部へ戻る