ゴルフ情報

  1. 早朝ゴルフシーズン!

    朝日が照らすコース夏真っ盛りの今は、早朝ゴルフがお薦めです。 連日記録を伸ばす連続猛暑日の今シーズンは、野外でのスポーツは非常に命の危険を伴います。レッスンはインドアで、プレーは早朝や夕刻が最適ですね。

  2. 練習クラブでより分かりやすく

    トゥ側と飛球線方向にしならせた形状のシャフトで、クラブの慣性モーメントを強く感じ易くなる作りです。綺麗なスイングフォームを目指す方は必見。グリップも使っていると、自然と良くなります。レッスンにプラス1のアイテムです。

  3. ドリルは理論を学び感覚に戻す

    ①テークバックドリル「テークバックってこれと同じことしてるんだよ。」って体に覚えさせる為に反復して癖をつけ、自然と出来るようになっていく。②スライス防止ドリルこうすることで、腰が先行して回らないように癖をつける為に繰り返し行う。

  4. 打席を使いやすくリニューアルしました。

    クラブスタンドと小物入れを、改めて設置いたしました。沢山の方からの様々なご意見やご感想に基づき、より快適な空間となれば幸いです。「安全で使いやすい」を目指し、今後も様々なことに取り組んでいきたいと思います。

  5. 幼い時からの注目株!渋野プロ

    実は習字で初等師範、ソフトボールは左打ち! 8歳から競技を始め、2018年のプロテストに合格。19年の国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」でツアー初優勝。20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(韓国)の20歳273日を更新する大会史上最年少V。

  6. 同じスイングを繰り返す為の条件③

    同じリズムで動きましょう。リズムとは、体の動く順序のことです。スイング動作の順序ゴルフスイングには、モーション毎に名前があります。テークバック、バックスイング、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロースイング、フィニッシュ等がそうですよね。

  7. 同じスイングを繰り返す為の条件②

    テンポコントロールテンポとは?例として、よくあげられるのがメトロノーム「1.2.3」とか「チャーシューメーン」は有名ですね。スイング時にも頭の中でテンポを刻んでいるか?と言うことです。

  8. 同じスイングを繰り返す為の条件①

    ゴルフでは、何回でも繰り返し同じスイングで同じ距離を打ち分けることが最重要です。

  9. ダウンスイングの主流は「パッシブトルク」

     トップを作ったら、そのままダウンスイングで手元を下に向けて動かすと、クラブにはシャフトが起きてプレーン上に戻る挙動が発生し、フェースターンも自然に起こる。物理的に考えると、これが普通で当たり前と言うわけです。

  10. パッティングで、その人のスイングや癖が見抜ける

    ①②③①のようにアイアンでアプローチでも行っているかのようなアドレスからは、アプローチが得意でアイアン感覚で打ちたい上級者であることが分かります。

今月のおすすめ記事

  1. ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。

おすすめ情報

  1. 2017.8.7

    松山ブリジストンインビテーショナル制覇

    ティーショットは曲がってる場面もありましたが、それでも最終日のスコアが61はタイガーウッズが優勝した...
  2. 2017.6.3

    スポーツラボカップ6月22日

    慣れていない人にとっては18ホール歩き続けるのは消耗しますね。
ページ上部へ戻る